コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

能楽論 のうがくろん

2件 の用語解説(能楽論の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

能楽論
のうがくろん

能に関する論書。能の大成者世阿弥が,父観阿弥の遺訓に基づいて書いた『風姿花伝 (花伝書) 』 (1400~02頃) が最古のもの。その後世阿弥は『至花道』 (20) ,『能作者』 (23) ,『花鏡』 (24) ,『拾玉得花』 (28) ,『却来華』 (33) など 20部をこす能楽論を著わし,実践に基づくすぐれた芸術論を残した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

のうがく‐ろん【能楽論】

能楽に関する論。特に世阿弥が「風姿花伝」などで説いた論をいう。「花」の理論がその核心をなす。→11

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

能楽論の関連キーワード花鏡花伝書修羅物風姿花伝広精風砕動風力動風能郷の能・狂言『風姿花伝』槌太夫

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone