コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有価証券報告書の虚偽記載

1件 の用語解説(有価証券報告書の虚偽記載の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

有価証券報告書の虚偽記載

金融商品取引法は、上場企業などに事業年度ごとの経理状況など、事業についての重要事項を記した有価証券報告書の提出を義務づけている。報告書の内容にうその記載があった場合の罰則は、個人は10年以下の懲役もしくは1千万円以下の罰金、法人は7億円以下の罰金。投資家が正しい情報に基づいて判断できるよう保護することが目的で、影響が大きいと証券取引所が判断すれば、上場廃止になる場合もある。

(2015-03-18 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

有価証券報告書の虚偽記載の関連キーワード取引所金融商品取引所地場上場会社金融商品金融商品取引業者第一種金融商品取引業第二種金融商品取引業適合性の原則金融商品取引業協会

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

有価証券報告書の虚偽記載の関連情報