コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

虚偽記載 キョギキサイ

デジタル大辞泉の解説

きょぎ‐きさい【虚偽記載】

企業が財務諸表の記載内容について意図的に事実改竄(かいざん)や隠蔽を行うこと。有価証券報告書に重大な虚偽記載があった場合、経営者・法人は金融商品取引法違反に問われる。また、虚偽記載を行った企業の株式は上場廃止の対象となる。
政治家や政治団体が、政治資金収支報告書に事実と異なる記載をすること。故意の場合は政治資金規正法違反に問われる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

虚偽記載の関連キーワード日本農林規格(JAS)法と米トレーサビリティー法日本歯科医師連盟の迂回(うかい)寄付事件佐田行革担当相の架空事務所届け出疑惑指定弁護士が描く事件の構図陸山会をめぐる土地取引事件シニアコミュニケーション日本産業ホールディングズ元秘書3人の起訴内容西武ホールディングス証券取引等監視委員会架空事務所届け出疑惑堀江前社長の公判実質共同保有者クラウドゲート鈴木議員と裁判西武鉄道(株)偽装献金問題架空循環取引創造学園大学伊豆箱根鉄道

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

虚偽記載の関連情報