コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有効性リシン

1件 の用語解説(有効性リシンの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

有効性リシン

 有効性アミノ酸の特にリシンについていう.タンパク質のリシンは,側鎖のεアミノ基が,他の物質と反応しやすく,誘導体になる.すると,酸で加水分解するとリシンが再生して,定量できても消化の過程でリシンが再生しない結合状態のものもあり,そのタンパク質に,ある量のリシンが含まれていると,定量されるにもかかわらず生体には利用されないことになる.このようなリシンを除いて,生体によって利用される形のリシンを有効性リシンという.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

有効性リシンの関連キーワードイソロイシンロイシンケト原性アミノ酸アミノ酸組成塩基性アミノ酸酸性アミノ酸疎水性アミノ酸中性アミノ酸尿二塩基アミノ酸尿有効性アミノ酸

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone