コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有効性リシン

栄養・生化学辞典の解説

有効性リシン

 有効性アミノ酸の特にリシンについていう.タンパク質のリシンは,側鎖のεアミノ基が,他の物質と反応しやすく,誘導体になる.すると,酸で加水分解するとリシンが再生して,定量できても消化の過程でリシンが再生しない結合状態のものもあり,そのタンパク質に,ある量のリシンが含まれていると,定量されるにもかかわらず生体には利用されないことになる.このようなリシンを除いて,生体によって利用される形のリシンを有効性リシンという.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android