コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有効性リシン

栄養・生化学辞典の解説

有効性リシン

 有効性アミノ酸の特にリシンについていう.タンパク質のリシンは,側鎖のεアミノ基が,他の物質と反応しやすく,誘導体になる.すると,酸で加水分解するとリシンが再生して,定量できても消化の過程でリシンが再生しない結合状態のものもあり,そのタンパク質に,ある量のリシンが含まれていると,定量されるにもかかわらず生体には利用されないことになる.このようなリシンを除いて,生体によって利用される形のリシンを有効性リシンという.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

有効性リシンの関連キーワードアミノカルボニル反応

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android