コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有島武 ありしま たけし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

有島武 ありしま-たけし

1840-1914 明治時代の官僚,実業家。
天保(てんぽう)11年生まれ。有島武郎(たけお),有島生馬,里見弴(とん)の父。もと薩摩(さつま)鹿児島藩士。江戸で砲術,練兵術をまなび,英語もおさめた。明治5年大蔵省にはいって欧米に派遣され,帰国後関税局長,国債局長を歴任。退官後は十五銀行,日本鉄道の取締役をつとめた。大正3年12月2日死去。75歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

有島武の関連キーワード生(うま)れ出(い)づる悩み愛は惜しみなく奪う惜みなく愛は奪ふ生れ出づる悩み北海道立文学館『一房の葡萄』札幌芸術の森波多野 秋子安城家の兄弟里見【とん】波多野あき子カインの末裔木田金次郎山本 直忠有島記念館書簡体小説『或る女』足助 素一早月葉子明治時代

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

有島武の関連情報