コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有島武 ありしま たけし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

有島武 ありしま-たけし

1840-1914 明治時代の官僚,実業家。
天保(てんぽう)11年生まれ。有島武郎(たけお),有島生馬,里見弴(とん)の父。もと薩摩(さつま)鹿児島藩士。江戸で砲術,練兵術をまなび,英語もおさめた。明治5年大蔵省にはいって欧米に派遣され,帰国後関税局長,国債局長を歴任。退官後は十五銀行,日本鉄道取締役をつとめた。大正3年12月2日死去。75歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

有島武の関連キーワードアヘン戦争イタリア映画ロッキード事件アヘン戦争雪華図説播隆渡辺政香西部開拓史藤間流おとよ

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

有島武の関連情報