コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有機ポリマー磁石 ゆうきポリマーじしゃくorganic polymer magnet

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

有機ポリマー磁石
ゆうきポリマーじしゃく
organic polymer magnet

自発磁化を持ち,磁石に反応する有機物のこと。トリフェニルメチルラジカルのように,安定なラジカルを有機物に持たせ,かつ一方向に配列させる必要がある。近年ポリアセチレンなどの共役系高分子を配列させる方法で強磁性を発現させようという試みが始まった。実用化されれば,発電機やモータなど一挙に軽量化が図られ,波及効果は大きい。しかし,実際には磁石といえるほど強い磁性を持つ有機物はまだ得られていない。またフェライトのような磁性体を,高分子に分散させたものをポリマー磁石ということがあるが,原理的に全く違うものである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

有機ポリマー磁石の関連キーワード自発磁化

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android