コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トリフェニルメチル トリフェニルメチルtriphenylmethyl

2件 の用語解説(トリフェニルメチルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トリフェニルメチル
トリフェニルメチル
triphenylmethyl

最初に見出された長寿命の安定遊離基。 (C6H5)3C・ で表わされる。 1900年 M.ゴンベルグによって,トリフェニルクロロメタンに銀粉を作用させてつくられた。溶液状態では安定に存在するが,溶媒を除くと二分子重合してヘキサフェニルエタンになる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トリフェニルメチル
とりふぇにるめちる
triphenyl methyl

炭素原子に3個のフェニル基のついた一価の基-C(C6H5)3をいう。IUPAC命名法ではトリチルという。ゴンバークMoses Gomberg(1866―1947)により1900年に最初に発見された有機のフリーラジカル(ラジカル、遊離基ともいう)である。クロロトリフェニルメタンを、よく乾燥したベンゼン溶液中で空気をできるだけ除去した雰囲気下で銀粉あるいは亜鉛末と処理すると黄色を呈し常磁性を示す。これはこのラジカルの生成に基づく。

 しかし、このラジカルは会合して二量体を生成するので、溶液を濃縮してもこのラジカルを純粋な形で単離することはできない。
  2(C6H5)3C・二量体
 しかし、二量体をベンゼンなどの溶媒に溶かすと、解離してこのラジカルを生じ、二量体とこのラジカルとは平衡にある。この物質はラジカルであるので、酸素や一酸化窒素と速やかに反応して、それぞれ過酸化ビス(トリフェニルメチル)(C6H5)3COOC(C6H5)3やニトロソトリフェニルメタン(C6H5)3CNOを生ずる。
 なお、このラジカルが電子1個を失ったものが、トリフェニルメチル陽イオン(C6H5)3+である。[徳丸克己]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone