コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有理指数の法則(結晶) law of rational intercepts,law of rational indices

1件 の用語解説(有理指数の法則(結晶)の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

有理指数の法則【law of rational intercepts,law of rational indices】

結晶内に存在する,互いに平行ではない三稜を座標軸にとったとき,任意の結晶面は適当な係数 ABC を選ぶと,AxByCz=1という式で表現できる.結晶内に存在する最も簡単な面が3本の結晶軸それぞれを切る長さ(すなわち軸率)を abc とすると,上の式は(h/ax+(k/by+(l/cz=1 のように書き換えられる.このようにすると,hkl は常に整数(0も含む)となる.これを,有理指数の法則という.面角不変の法則*晶帯の法則*とともに結晶学の基本的法則である.ミラーの法則*も参照.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

有理指数の法則(結晶)の関連キーワード実存実在螺子歯車御互いに非ヘム鉄線状平行構造ブラストミロナイト平行連晶晶帯の法則平行ソレノイド則

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone