有理指数の法則(結晶)(英語表記)law of rational intercepts,law of rational indices

法則の辞典の解説

有理指数の法則【law of rational intercepts,law of rational indices】

結晶内に存在する,互いに平行ではない三稜を座標軸にとったとき,任意の結晶面は適当な係数 ABC を選ぶと,AxByCz=1という式で表現できる.結晶内に存在する最も簡単な面が3本の結晶軸それぞれを切る長さ(すなわち軸率)を abc とすると,上の式は(h/ax+(k/by+(l/cz=1 のように書き換えられる.このようにすると,hkl は常に整数(0も含む)となる.これを,有理指数の法則という.面角不変の法則*晶帯の法則*とともに結晶学の基本的法則である.ミラーの法則*も参照.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android