有賀文八郎(読み)あるが ふみはちろう

  • 有賀文八郎 あるが-ふみはちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1868-1946 明治-昭和時代前期の実業家,宗教家。
慶応4年3月5日生まれ。小学校校長をへて南洋貿易に従事インドのボンベイ駐在中にイスラム教入信。会社経営のかたわら,私財を投じてイスラム教の日本定着につくした。昭和21年8月19日死去。79歳。陸奥(むつ)白河郡(福島県)出身。イスラム-ネームアフマッド(阿馬土)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android