コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有馬啓 ありま けい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

有馬啓 ありま-けい

1916-1988 昭和時代の微生物学者。
大正5年9月19日生まれ。昭和33年東大教授となる。発酵工業会会長,国際微生物学会連合会長などをつとめた。ステロイドホルモン合成への微生物利用の研究で知られる。54年「微生物の産業利用」で学士院賞,55年フランスのルッセル賞。昭和63年8月23日死去。71歳。東京出身。東京帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の有馬啓の言及

【抗生物質】より

…これらは白癬菌,カンジダなどに作用するが,経口で吸収されず,注射では毒性が強い。その後,アザロマイシンF(1960),バリオチン(竹内節男,米原弘ら発見,1959),ピロルニトリン(有馬啓ら発見,1965)が得られているが,白癬菌に対する外用に限られる。(1)グリセオフルビン ペニシリン再発見前にイギリスでカビから分離された。…

※「有馬啓」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

有馬啓の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android