コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

服罪/伏罪 フクザイ

デジタル大辞泉の解説

ふく‐ざい【服罪/伏罪】

[名](スル)罪を犯した者が刑に服すること。
「米沢既に―せしより仙台南部等も降伏なし」〈染崎延房・近世紀聞〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ふくざい【服罪】

( 名 ) スル
刑に服すること。 「弁護士を頼む力もないから、-すると申して居りましたが/良人の自白 尚江

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

服罪/伏罪の関連キーワード福・伏・副・幅・復・服・福・腹・袱・複・覆・輻バイヤン(Roger Vailland)吉田岩窟王事件勧善懲悪覗機関長州征伐

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android