コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

服罪/伏罪 フクザイ

デジタル大辞泉の解説

ふく‐ざい【服罪/伏罪】

[名](スル)罪を犯した者が刑に服すること。
「米沢既に―せしより仙台南部等も降伏なし」〈染崎延房・近世紀聞〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふくざい【服罪】

( 名 ) スル
刑に服すること。 「弁護士を頼む力もないから、-すると申して居りましたが/良人の自白 尚江

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

服罪/伏罪の関連キーワード福・伏・副・幅・復・服・福・腹・袱・複・覆・輻バイヤン(Roger Vailland)吉田岩窟王事件勧善懲悪覗機関長州征伐

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android