公判廷(読み)コウハンテイ

大辞林 第三版の解説

こうはんてい【公判廷】

公判を行う法廷。また、その審理。裁判官と裁判所書記官の列席、検察官並びに原則として被告人および弁護士の出席の上、公開で行われる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こうはん‐てい【公判廷】

〘名〙 公判手続を行なう裁判所の法廷。公廷。
※化銀杏(1896)〈泉鏡花〉一五「これ蓋し狂者の挙動なればとて、公判廷(カウハンテイ)より許されし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

公判廷の関連情報