(読み)ふくする

精選版 日本国語大辞典「服」の解説

ふく‐・する【服】

[1] 〘自サ変〙 ふく・す 〘自サ変〙
① あきらめて、または得心して従う。服従する。承服する。心服する。
平治(1220頃か)中「千万の傍敵ありといふとも、おのづから服せしむべし」
② ある仕事につく。従事する。
※民法(明治二九年)(1896)六二三条「雇傭は当事者の一方が相手方に対して労務に服することを約し」
③ (「ぶくする」とも) 喪(も)にこもる。喪に服する。
※赤染衛門集(11C中)「娘のなくなりたりしふくすとて」
④ おびる。持っている。
※咄本・喜美賀楽寿(1777)せんだん「まづと、御熱もふくしております。悪寒はござりませんか」
[2] 〘他サ変〙 ふく・す 〘他サ変〙
① したがわせる。屈伏させる。服従させる。
※史記抄(1477)七「況や始皇は威を以て天下を服したほどに」
② 身につける。着る。
※正法眼蔵(1231‐53)袈裟功徳「先王の法服にあらざれば服せずと」
③ (「ぶくする」とも) 茶、薬などを飲む。服用する。また、物を食う。
※源氏(1001‐14頃)帚木「極熱(ごくねち)の草薬をふくして、いとくさきによりなむ」
※妙一本仮名書き法華経(鎌倉中)六「あやまりて毒薬を服(ブク)せり」

ふく【服】

[1] 〘名〙
① ころも。着物。衣服
※続日本紀‐神亀五年(728)正月甲寅「於是高斉徳等八人並授正六位上。賜当色服
※今昔(1120頃か)五「草を以て服とし、菓を拾て食とせり」 〔春秋左伝‐僖公二四年〕
② (和服を着物というのに対していう) 「ようふく(洋服)」の略。
※妹と背かゞみ(1886)〈坪内逍遙〉一六「今日は御出勤になりますか。服をだしませうか」
[2] 〘接尾〙 (「服」は飲む意。上にくる語によって「ぷく」となる)
① 茶・薬・煙草などの、飲む回数を数えるのに用いる語。
※太平記(14C後)三六「道誉又我宿所に七所を粧(かざっ)て、七番菜(さい)を調へ、七百種の課物(かけもの)を積み、七十服の本非の茶を呑べき由を申て」
粉薬の一包みなど、一回で飲む量を単位としていう語。→一服(いっぷく)。〔庾信‐燕歌〕
[補注]「服」の音は古く「ぶく」で、喪服あるいは喪に服することについては、後世でも「ぶく」と慣用される。→ぶく(服)

ふく‐・す【服】

[1] 〘自他サ変〙 ⇒ふくする(服)
[2] 〘自サ五(四)〙 ((一)から転じたもの) 従う。服従する。
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉一七「扨其次の議論の如きは、僕ア決して服(フク)さないヨ」
[3] 〘他サ五(四)〙 ((一)から転じたもの) 薬や茶などを飲む。
※西洋道中膝栗毛(1870‐76)〈仮名垣魯文〉九「きつけぐすりを取いだし〈略〉両人にふくさするに」

ぶく【服】

〘名〙
① 喪中の人が着るきもの。もぎぬ。喪服。服(ぶくえ)
※続日本紀‐天応元年(781)一二月丁未「太上天皇崩。〈略〉冝天下著服六月乃釈
② 喪にこもること。また、その期間。喪中。服喪
※続日本紀‐宝亀元年(770)八月乙未「天下挙哀。服限一年
貫之集(945頃)九「諒闇のあひだにははのぶくになりて」

ぶく‐・す【服】

〘自他サ変〙 ⇒ふくする(服)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「服」の解説

ふく【服】[漢字項目]

[音]フク(漢) ブク(呉)
学習漢字]3年
〈フク〉
身につけるもの。着物。「服装衣服元服私服制服粗服被服平服法服喪服洋服礼服和服
身につける。体や心に受け入れる。「服毒服用服膺ふくよう着服頓服とんぷく内服
つき従う。「服従畏服いふく感服帰服屈服敬服降服克服承服心服征服叛服はんぷく不服
つとめにつく。従事する。「服役服務服喪ふくも
〈ブク〉喪にこもる。「服忌ぶっき忌服除服じょぶく
[名のり]こと・はとり・もと・ゆき・よ
[難読]服部はとり

ふく【服】

[名]からだに着るもの。着物。衣服。特に、洋服。「木綿の」「を着る」
[接尾]助数詞。上に来る語によっては「ぷく」となる。
粉薬などの包みを数えるのに用いる。「薬二
茶・タバコなどを飲む回数をかぞえるのに用いる。「タバコを一吸う」
[類語]洋服和服ころも衣料品衣料衣服衣類着物着衣被服装束お召物衣装ドレス洋品アパレル略服ふだん着略装軽装着流しカジュアルよそゆき一張羅街着礼服式服フォーマルウエア礼装正装既製服レディーメード既製出来合い吊るしプレタポルテ注文服オーダーメード私服官服制服ユニホーム学生服軍服燕尾服喪服セーラー服水兵服背広スーツ

ぶく【服】

喪服。喪衣もぎぬ服衣ぶくえ
「―などはあからさまに出でて着給へかし」〈宇津保・あて宮〉
喪に服すこと。また、その期間。喪。服喪。
「御―、母方三月みつきこそはとて」〈・紅葉賀〉

ぷく【服】

[接尾]ふく(服)」に同じ。「一の清涼剤」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のの言及

【忌服】より

…服忌ともいい,死が発生してのち一定期間,喪服(凶服)を着て家に忌みこもること。〈忌〉は死のけがれにより家に謹慎することであり,〈服〉とはもと素服(そぶく)を着ることである。…

※「服」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android