コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 フク

7件 の用語解説(服の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ふく【服】

[名]からだに着るもの。着物。衣服。特に、洋服。「木綿の」「を着る」
[接尾]助数詞。上に来る語によっては「ぷく」となる。
粉薬などの包みを数えるのに用いる。「薬二
茶・タバコなどを飲む回数をかぞえるのに用いる。「タバコを一吸う」

ふく【服】[漢字項目]

[音]フク(漢) ブク(呉)
学習漢字]3年
〈フク〉
身につけるもの。着物。「服装衣服元服私服制服粗服被服平服法服喪服洋服礼服和服
身につける。体や心に受け入れる。「服毒服用服膺(ふくよう)着服頓服(とんぷく)内服
つき従う。「服従畏服(いふく)感服帰服屈服敬服降服克服承服心服征服叛服(はんぷく)不服
つとめにつく。従事する。「服役服務服喪(ふくも)
〈ブク〉喪にこもる。「服忌(ぶっき)忌服除服(じょぶく)
[名のり]こと・はとり・もと・ゆき・よ
[難読]服部(はとり)

ぶく【服】

喪服。喪衣(もぎぬ)。服衣(ぶくえ)。
「―などはあからさまに出でて着給へかし」〈宇津保・あて宮〉
喪に服すこと。また、その期間。喪。服喪。
「御―、母方は三月(みつき)こそはとて」〈・紅葉賀〉

ぷく【服】

[接尾]ふく(服)」に同じ。「一の清涼剤」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ふく【服】

[2] ( 名 )
身につける衣類。ころも。 「 -を着る」 「 -を脱ぐ」
(和服を「着物」というのに対して)洋服のこと。 「仕立てのいい-」
( 接尾 )
助数詞。上にくる語によって「ぷく」となる。
粉薬などの包みを数えるのに用いる。 「食後に一-ずつ服用する」
タバコ・茶などをのむ回数を数えるのに用いる。 「一-のむ」

ぶく【服】

喪に服すること。また、その期間。喪。 「故殿の御-のころ、六月つごもりの日/枕草子 161
喪服もふく。 「更衣の-にてまゐれりけるをみ給ひて/新古今 哀傷詞

ぷく【服】

( 接尾 )

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のの言及

【忌服】より

…服忌ともいい,死が発生してのち一定期間,喪服(凶服)を着て家に忌みこもること。〈忌〉は死のけがれにより家に謹慎することであり,〈服〉とはもと素服(そぶく)を着ることである。…

※「服」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

服の関連キーワード沿

服の関連情報