コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

服部草玄 はっとり そうげん

1件 の用語解説(服部草玄の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

服部草玄 はっとり-そうげん

1725-1787 江戸時代中期の医師。
享保(きょうほう)10年生まれ。はじめ渡辺寿伯,のち京都の松岡恕庵(じょあん),山脇東洋,吉益東洞(よします-とうどう)らにまなぶ。宝暦12年(1762)尾張(おわり)名古屋藩につかえ,侍医,法眼(ほうげん)となった。天明7年4月30日死去。63歳。尾張出身。名は宏。字(あざな)は子達。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

服部草玄の関連キーワード寛政の改革嬉野次郎左衛門ピョートル曲淵景漸寛政改革フェデラリスツ桂川甫粲緑色岩森羅万象谷木因

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone