コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

望月太意之助(初代)(読み)もちづき たいのすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

望月太意之助(初代) もちづき-たいのすけ

1892-1975 大正-昭和時代の歌舞伎囃子(はやし)方。
明治25年11月6日生まれ。2代望月太左吉の門人。長唄囃子研究会をひらいて後進を指導。著作「歌舞伎下座音楽」,レコード「日本舞踊音楽―系譜と構成」などをのこした。昭和50年7月12日死去。82歳。東京出身。本名は高久東次。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

諂う/諛う

[動ワ五(ハ四)]人の気に入るように振る舞う。また、お世辞を言う。おもねる。追従(ついしょう)する。「上司に―・う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android