望月武然(読み)もちづき ぶぜん

  • 望月武然 もちづき-ぶぜん

美術人名辞典の解説

江戸後期の俳人。方壷山人と号する。宋屋の。京都住。蕪村太祇親交がある。書道篆刻に通達し、且つ博学であった。宋屋の歿後、その後をつぎ明和4年には追善集「香世界」を刊行した。明和・安永の頃は年々歳且砧「春慶引」を出したらしく、明和4年から安永4年までのうち九冊伝存していることが知られる。享和3年(1803)歿、84才。黒谷真如堂に葬られる。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1720-1803 江戸時代中期の俳人。
享保(きょうほう)5年生まれ。京都の人。望月宋屋(そうおく)の高弟で,そのをつぐ。師の追善集「香世界」を刊行,明和から安永にかけて歳旦帖「春慶引(しゅんけいびき)」を出版した。書や篆刻(てんこく)にもすぐれていた。享和3年1月23日死去。84歳。本姓吉田。名は方啓。字(あざな)は元祥。別号に啓斎,雪下庵,蓮日庵など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android