望月源治(読み)もちづき げんじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

望月源治 もちづき-げんじ

1902-1961 大正-昭和時代前期の労働運動家。
明治35年4月11日生まれ。石川島造船所につとめ,労働運動にはいる。大正10年の足立機械製作所争議などを指導,14年総同盟中央委員,中央争議部長となる。15年総同盟第2次分裂により日本労働組合同盟初代主事。昭和7年ごろからは国家社会主義運動に同調した。昭和36年10月12日死去。59歳。静岡県出身。本名は源次

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android