コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源次 げんじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源次 げんじ

?-? 戦国時代の仏師。
奈良宿院(しゅくいん)町に俗人仏師の集団を組織する。天文(てんぶん)14年(1545)の奈良東田薬師堂の釈迦如来(しゃかにょらい)坐像,永禄(えいろく)7年の奈良薬師寺の地蔵菩薩(ぼさつ)立像などの作品がある。通称は別に仏師屋源衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

源次の関連キーワード中村雀右衛門(初代)市川 左升(2代目)赤い夕日に照らされて山下宇源太(初代)岡安喜三郎(1世)袖島市弥(3代)錦城斎 貞玉清元 栄寿郎梅屋 三次郎小野川宇源次清元栄寿郎小野 忠重杵屋 富造12月9日高島 愛子秋元正一郎望月 源治阿北斎雀翁池内 信嘉岡田華郷

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android