コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝井閑右衛門 あさい かんうえもん

美術人名辞典の解説

朝井閑右衛門

洋画家。大阪生。本名は浅井実。独学で油絵を研究し、戦前は官展・光風会展に活躍、昭和11年の文展で五百号の大作「丘の上」が文部大臣賞受賞。戦後井手宣通・須田剋太らと新樹会を、鳥海青児らと国際形象展を組織する。油彩を塗り重ね、色彩豊かな独創的作風を展開、つねに画壇の第一線で活躍しながら、画集もなく、個展もほとんど開かなかった特異な野人画家として知られる。昭和58年(1983)歿、82才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

朝井閑右衛門 あさい-かんえもん

1901-1983 昭和時代の洋画家。
明治34年1月24日生まれ。二科展,光風会展に入選。昭和11年文展鑑査展で「丘の上」が文部大臣賞をうけ,注目される。戦後は新樹会を結成,のち国際形象展同人となる。油彩の厚塗りで強烈な画風をしめした。昭和58年4月23日死去。82歳。大阪出身。法大中退。本名は浅井実。作品に「道化」「祭」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝井閑右衛門の関連キーワード横須賀美術館昭和時代

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android