コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝倉在重 あさくら ありしげ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

朝倉在重 あさくら-ありしげ

1583-1651* 江戸時代前期の武士。
天正(てんしょう)11年生まれ。朝倉宣正(のぶまさ)の弟。大坂夏の陣には牧野忠成(ただなり)に属して出陣。使番(つかいばん)をへて,寛永16年江戸北町奉行にすすむ。慶安3年11月19日死去。68歳。通称は仁左衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝倉在重の関連キーワード安土桃山時代(年表)コルネイユ(Pierre Corneille)尾山ガーゴピントガーゴ小谷方甲府城キルヒナーシェークスピア

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android