コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

甲府城 こうふじょう

3件 の用語解説(甲府城の意味・用語解説を検索)

日本の城がわかる事典の解説

こうふじょう【甲府城】

山梨県甲府市のJR甲府駅周辺にあった平山城(ひらやまじろ)。江戸時代前期に甲府藩の藩庁が置かれていた城。その後も幕府直轄の城として明治維新まで存続した。同県指定史跡。日本城郭協会選定による「日本100名城」の一つ。戦国時代、武田氏は信虎、晴信(武田信玄)の時代には躑躅(つつじ)ヶ崎館(同市古府中町)を居城としていたが、甲府城は武田氏滅亡後の1583年(天正11)に、徳川家康が躑躅ヶ崎館を中心とした旧城下町の南端に新たな甲斐の主城として築いたもので、家康の家臣や豊臣秀吉麾下の武将が在城した。甲府城の城下に、今日の甲府市の街並みがつくられたのである。城が築かれた場所には、もともと甲斐武田氏一族の一条忠頼の居館があり、その居館跡に一蓮寺が建立された。1582年(天正10)に武田氏が滅亡し、さらに本能寺の変で織田信長が死去すると、甲斐で一揆が起こり織田方の河尻秀隆は討ち死にし、徳川家康と北条氏直の間に武田氏旧領の甲斐・信濃をめぐる収奪戦(天正壬午の乱)が起こった。この争乱の後、甲斐は徳川家康の所領となった。家康は1583年(天正11)に家臣の平岩親吉に命じて新城の縄張りを行い、一蓮寺を移転させて築城を開始した。しかし、同城完成前に家康は秀吉から国替えを命じられ、旧北条領を引き継いで江戸城に入った。その際、甲斐は豊臣秀勝(秀吉の甥)の所領となり、家康を牽制する意味から加藤光泰、浅野長政・幸長父子ら豊臣系の大名が入部した。この間、建設が中断していた甲府城は加藤光泰により再開され、浅野父子が1593年(文禄2)に完成させたといわれる。1600年(慶長5)の関ヶ原の戦いの後、甲斐は再び家康の所領となり、甲府城には平岩親吉が再入城した。その後1603年(慶長8)に家康九男の徳川義直が入城して以来、江戸に近い重要な城として、親藩の甲府藩の政庁が置かれた。1704年(宝永1)には、城主の徳川綱豊が将軍世嗣として江戸城に入り、徳川家宣と改名して将軍の座についた。翌年、家宣の将軍就任に伴い、柳沢吉保が城主となり、初めて親藩から外れた。1724年(享保9)、吉保嫡男の柳沢吉里が大和郡山へ転封になったことに伴い、甲府藩が廃止されて幕府直轄領となり、甲府城には甲府勤番と呼ばれる幕府の役人が輪番で在城した。その後、城は大火に遭い本丸御殿や銅門を焼失、また、城内の公金1400両が盗賊に奪われる甲府城御金蔵事件が起こっている。幕末の1866年(慶応2)に甲府勤番制は廃止され、城代が置かれたが、1868年(明治1)に板垣退助らが無血入城し、新政府軍が占領した。その後、1873年(明治6)に廃城となり、城内の建物は破却され、内堀も埋め立てられ、1877年(明治10)ごろには城内の主要な建物はほとんど撤去されたという。城内には勧業試験場や山梨県庁が設置され、また、中央線(現在のJR中央本線)が開通して城跡に甲府駅がつくられ、かつての城域は分断された。現在、城跡の一部は、中央本線の線路をはさんで舞鶴城公園、甲府市歴史公園として整備され、一般に開放されている。明治初期の廃城・解体後、長い間手つかずの状態に置かれたが、戦後、城址公園が建設されるに先立って、山梨県による大規模な発掘調査が行われ、曲輪(くるわ)や門、櫓(やぐら)の復元が行われた。また、舞鶴城公園には本丸・天守曲輪及び天守台・稲荷曲輪・鍛冶曲輪の石垣、堀の一部が残り、武田氏居館とともに甲府駅周辺の観光スポットとなっている。なお、同城には天守台跡が残っているが、甲府城に天守があったかどうかは長年、論争となってきた。地元では天守の復元を望む声も強く、松本城に匹敵する大規模な天守があったとする見方がある一方で、天守の存在に懐疑的な見方も根強く残っている。JR中央本線甲府駅から徒歩約5分。◇舞鶴城、一条小山城とも呼ばれる

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

甲府城

武田家滅亡後、豊臣秀吉徳川家康に対抗する重要拠点として築城を進め、家臣の浅野長政、幸長父子が1600年までに完成させた。その後、江戸幕府の5代将軍徳川綱吉側用人を務めた柳沢吉保が城主として大改修した。廃城後、明治期の鉄道開通や市街地整備に伴い、大きく破壊された。1968年に県史跡に指定され、石垣や門塀、櫓(やぐら)などの改修が進んだ。今回見つかった石垣は指定の対象外。

(2010-11-20 朝日新聞 朝刊 山梨全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こうふ‐じょう〔カフフジヤウ〕【甲府城】

甲府市にあった城。天正11年(1583)、徳川家康が築城を開始。途中浅野長政らが引き継ぎ、慶長5年(1600)完成。舞鶴城。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の甲府城の言及

【甲斐国】より

…【磯貝 正義】
【近世】
 1582年武田氏が滅亡すると,甲斐は織田信長の臣河尻秀隆の支配をうけた。まもなく本能寺の変後起こった一揆により秀隆が誅滅されたあと,甲斐をねらう後北条氏との係争に勝利を得て入国した徳川家康は,平岩親吉を甲府城代に任命した。90年家康が関東に移されると羽柴秀勝が封ぜられ,翌年には加藤光泰にかわった。…

【甲府[市]】より

…信玄の隠し湯として知られる湯村温泉(純食塩泉,42~52℃),積翠寺(せきすいじ)温泉(酸性緑バン泉,15~18℃)のほか,市街地にも数ヵ所温泉がある。【横田 忠夫】
[甲府城下]
 甲斐国の城下町。甲府は甲斐府中の略称で,そのおこりは1519年武田信虎が石和(いさわ)から館を現在の甲府市の北辺にあたる躑躅ヶ崎に移したことにあり,以後信玄,勝頼まで3代の領国経営の本拠となった。…

※「甲府城」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

甲府城の関連キーワード青梅街道勝沼甲府市湯村温泉山梨大学山梨県立大学月の雫遊亀公園附属動物園コラニー文化ホール山梨中銀スタジアム

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

甲府城の関連情報