コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾山 おやま

百科事典マイペディアの解説

尾山【おやま】

1583年(天正11年)から1596年(慶長1年)ごろまで,金沢に代わって用いられた地名。1580年の金沢御堂(加賀一向一揆の拠点)陥落後,柴田勝家配下の佐久間盛政が御堂跡を金沢城とし,1583年まで在城したが,同年4月前田利家が加賀に入部すると,従来の金沢に代えて尾山の称を使用した。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

尾山
おやま

石川県金沢市の旧地名。戦国時代の金沢城跡と、その周辺の呼称。加賀一向一揆(いっき)の拠点となった金沢御堂(みどう)(尾山御坊)を、佐久間盛政(さくまもりまさ)が落とし、金沢を一時期尾山と称した。その後、御坊跡地は金沢城となり、寺内(じない)町を受け継いで西町、南町、堤(つつみ)町、松原町、近江(おうみ)町、安江(やすえ)町、金屋(かなや)町、材木町の城下町ができ、尾山八町といった。これらの町名は、位置は違うものもあるが現在も残っている。現在、城跡西部を統合して尾山町という。[矢ヶ崎孝雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の尾山の言及

【金沢[市]】より

…第2次世界大戦で被災しなかったため,城下町時代の町並みや遺構がよく残され,史跡,文化財も多い。重要文化財では建造物のみをあげても,尾崎神社社殿,尾山神社神門,金沢城三十間長屋,同石川門,成巽閣(せいそんかく),旧第四高等中学校本館など,また名勝として兼六園および成巽閣庭園などが有名。【斎藤 晃吉】
[金沢城下]
 加賀,越中,能登3国を領した前田氏の城下町。…

※「尾山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

尾山の関連キーワード奈良県奈良市月ヶ瀬長引奈良県奈良市月ヶ瀬尾山伊勢市女子高生殺人事件滋賀県長浜市高月町尾山高尾陣場都立自然公園明治の森高尾国定公園石川県金沢市尾山町富士松紫朝(2代)富山県氷見市柳田東京都青ヶ島村さがみ縦貫道内中尾山城跡金沢[市]花田 世大関 登久也三次[市]津田吉之助奥村 栄滋加賀みそ柳家紫朝

尾山の関連情報