コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝吹真理子 アサブキマリコ

デジタル大辞泉の解説

あさぶき‐まりこ【朝吹真理子】

[1984~ ]小説家。東京の生まれ。慶應義塾大学在学中に「流跡」を発表し作家デビュー。「きことわ」で芥川賞受賞。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

朝吹真理子 あさぶき-まりこ

1984- 平成時代の小説家。
昭和59年12月19日生まれ。父はフランス文学者・詩人の朝吹亮二。大叔母に小説家・翻訳家の朝吹登水子。デビュー作「流跡」で,平成22年Bunkamura ドゥ マゴ文学賞。23年,幼なじみの女性2人が葉山の別荘で25年ぶりに再会し,少女時代の記憶がよみがえっていく様子を過去と現在を行き来しながらつづった「きことわ」で芥川賞。作品はほかに「家路」。慶大大学院在籍中。東京都出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝吹真理子の関連キーワードスペースシャトル飛行記録鈴木志郎康朝鮮映画ツイ・ハーク[各個指定]芸能部門[各個指定]工芸技術部門NAVI-5(電子制御式自動5段変速機)磯崎新加山又造紀田順一郎

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

朝吹真理子の関連情報