朝吹真理子(読み)アサブキマリコ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

朝吹真理子 あさぶき-まりこ

1984- 平成時代の小説家。
昭和59年12月19日生まれ。父はフランス文学者・詩人の朝吹亮二。大叔母に小説家・翻訳家の朝吹登水子。デビュー作「流跡」で,平成22年Bunkamura ドゥ マゴ文学賞。23年,幼なじみの女性2人が葉山の別荘で25年ぶりに再会し,少女時代の記憶がよみがえっていく様子を過去と現在を行き来しながらつづった「きことわ」で芥川賞。作品はほかに「家路」。慶大大学院在籍中。東京都出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

朝吹真理子の関連情報