コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝山晧 あさやま あきら

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

朝山晧 あさやま-あきら

1895-1957 大正-昭和時代の神職,民俗学者。
明治28年2月13日生まれ。東京帝大史料編纂所(へんさんじょ)勤務ののち,郷里の島根県にかえり,松江中学教諭などをへて,昭和3年鹿島町の佐太神社宮司(ぐうじ)となる。県内の祭祀(さいし),神事芸能などの民俗学的研究につとめ,「出雲国(いずものくに)風土記」の研究により出雲国庁の地は松江市大草と指摘した。昭和32年3月4日死去。62歳。国学院大卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝山晧の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android