朝日夕日(読み)あさひゆうひ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「朝日夕日」の解説

朝日夕日
あさひゆうひ

長者譚伝説の一つ。「朝日さす夕日かがやく樹のもとに黄金千両漆万杯」などが最も一般的な型となっている朝日夕日の歌は,長者栄華没落,どこかに金銀財宝を埋蔵してあるというたぐいの伝説と関連づけられ,長い間数多く伝承されている。そのほとんどが古代巫女にかかわる文芸によって発達したもので,朝日は中世の語り物のなかで長または美女の名であり,朝日長者に対する者が夕日長者になっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「朝日夕日」の解説

あさひ‐ゆうひ ‥ゆふひ【朝日夕日】

〘名〙 栄華をきわめた長者が没落して、その金銀財宝を埋蔵しているという伝承をもつ屋敷城跡。また、その伝説。全国に数多く分布している。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android