コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝稲日出男 あさいね ひでお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

朝稲日出男 あさいね-ひでお

1945- 昭和後期-平成時代の小説家。
昭和20年4月8日生まれ。53年「あしたのジョーは死んだのか」が太宰(だざい)治賞優秀作に,「彼の町に逃れよ」が野性時代新人文学賞にえらばれてデビュー。62年ヨーロッパを舞台に若い男女の出会いと別れをえがいた「シュージの放浪」で泉鏡花文学賞。ほかに「辻馬車走れよ!」など。埼玉県出身。中央大卒。本名は亮博。旧筆名は日出夫。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝稲日出男の関連キーワード小説家

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android