コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

辻馬車 ツジバシャ

世界大百科事典 第2版の解説

つじばしゃ【辻馬車 fiacre[フランス]】

ヨーロッパ近代初期の都市交通機関の一つで,定められた場所で客を待ち,客に指示されたところまで走行し運賃をとる二輪馬車のこと。現在のタクシーの前身である。辻馬車は貸馬車から派生したもので,辻馬車を指すフィアークルという言葉は,パリで1640年ころに貸馬車業を始めたニコラ・ソバージュなる人物が住み,その営業を行った,サンタントアーヌ街のサン・フィアークルの館に由来している。本来,貸馬車は半日とか1日,あるいは1週間とか1ヵ月と長期にわたり馬車を貸し出す商売であったが,街路の特定の場所に二輪馬車を用意して客を待ち,市内の指示されたところまでおもむく貸馬車を,後々までとくにフィアークルと呼び,それが辻馬車として特殊化したのである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

つじばしゃ【辻馬車】

道端で客待ちをする馬車。ヨーロッパで中世から近世にかけて行われ、日本には明治になって導入された。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の辻馬車の言及

【馬車】より

…パスカルもアケhaquetといわれる二輪馬車を考案しているが,とくに6人乗りの乗合馬車を考案したことで知られる。ルイ14世のときには,N.ソバージュの考案による時間ぎめの辻馬車がパリに現れ,フィアクルと呼ばれた。ロンドンでも,1625年に辻馬車が現れている。…

※「辻馬車」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

辻馬車の関連キーワードシュランメル音楽武田 麟太郎山田 風太郎朝稲日出男藤沢 桓夫上道 直夫武田麟太郎崎山 猷逸山田風太郎ヨーロッパ長沖 一ドロシケ藤沢桓夫近世中世道端明治

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

辻馬車の関連情報