コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝空 アサゾラ

大辞林 第三版の解説

あさぞら【朝空】

(さわやかな)朝方の空。

ちょうくう【朝空】

朝の空。 「あたりを払つて-に立つ高鞍山の頂に向つた/思出の記 蘆花

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

朝空の関連キーワードヘモグロビンA1c栄養(人間)基礎代謝胃液検査田地香織中性脂肪妊娠悪疽低血糖症朝明け糖尿病つわり血圧朝方

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

朝空の関連情報