秋の空(読み)アキノソラ

  • あき
  • の 空(そら)

デジタル大辞泉の解説

秋のころの高く澄み渡った空。あきぞら。 秋》「にょっぽりと―なる不尽(ふじ)の山/鬼貫
《秋の天気が変わりやすいところから》人の心や愛情などが変わりやすいことにたとえる。「男心(女心)と秋の空

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

秋空あきぞらに同じ。 [季] 秋。 上行くと下来る雲や- /凡兆
秋の空は変わりやすいことから、人の心の変わりやすいこと、特に異性の心の変わりやすさをいう。 男心(女心)と-

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

① 秋、晴れわたって高く見える空。秋晴れの空。《季・秋》
※後撰(951‐953頃)秋下・四二三「おほかたの秋のそらだにわびしきに物思ひそふる君にもある哉〈右近〉」
② (秋は天候が変わりやすいところから) 気持の変わりやすいことをたとえていう。特に男女の間についていう。
※雑俳・礒の波(1747)「下手の碁は七度替る秋の空」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

懈怠

仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

秋の空の関連情報