コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青雲 アオクモ

デジタル大辞泉の解説

あお‐くも〔あを‐〕【青雲】

《「あおぐも」とも》青みを帯びた灰色の雲。
「―のたなびくきはみ、白雲のおりゐ向伏(むかぶ)す限り」〈祝詞・祈年祭

せい‐うん【青雲】

青みがかった雲。また、よく晴れた高い空。青空。
地位や学徳の高いことのたとえ。
「之を要するに如何(どう)しても―の雲の上には向きの悪い男であるから」〈福沢福翁自伝
俗世間を離れ、超然としていることのたとえ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

せいうん【青雲】

三重の日本酒。「山廃純米」は精米歩合60%で仕込み6ヵ月以上熟成させた純米酒でぬる燗に向く。ほかに純米大吟醸酒、大吟醸酒、本醸造酒などがある。原料米は山田錦、五百万石など。仕込み水は町屋川の伏流水蔵元の「後藤酒造場」は大正6年(1917)創業。所在地は桑名市赤尾。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

青雲(せいうん)

三重県、合資会社後藤酒造場の製造する日本酒。単一原料米による仕込みのみを瓶詰めしたシリーズ「颯(はやて)」などがある。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

あおくも【青雲】

〔「あおぐも」とも〕
淡青色の雲。また、晴れて青々とした空。 「白雲のたなびく国の-の向伏むかぶす国の/万葉集 3329

せいうん【青雲】

青色の雲。晴れた高い空。
地位・学徳などが高いこと。
世を避けて送る超然とした生活。また、高尚な志操。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

青雲の関連キーワード宮崎県西臼杵郡日之影町七折神奈川県横須賀市大矢部東京都荒川区西日暮里元祖大四畳半大物語ワフタンゴフ安田 理貴子青雲の交わり千種庵諸持安田理貴子真個・真箇庄司 瓦全図書館戦争百地三太夫鷲尾アイコ日本香堂水野忠邦ラグビー人生劇場木村騏道広幡前豊

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

青雲の関連情報