朝雲暮雨(読み)ちょううんぼう

精選版 日本国語大辞典「朝雲暮雨」の解説

ちょううん‐ぼう テウウン‥【朝雲暮雨】

〘名〙
① 朝の夕方の雨。
※俳諧・芭蕉翁反古文(花屋日記)(1810)上「日日朝雲暮雨の間もおかず、山水野鳥のこゑもすてたまはず」
② (中国、楚の懐王が高唐に遊び、夢で神女と契ったことをうたった宋玉の「高唐賦」の「妾在巫山之陽、高丘之岨、旦為朝雲、暮為行雨、朝朝暮暮陽台之下」から) 男女の堅い契り。
江戸繁昌記(1832‐36)五「朝雲暮雨、楚夢幾番、一日の商買、算数し遑あらず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android