朝雲暮雨(読み)チョウウンボウ

デジタル大辞泉の解説

ちょううん‐ぼう〔テウウン‐〕【朝雲暮雨】

《楚(そ)の懐王が夢の中で契りを交わした神女が、朝には雲に、夕暮れには雨になると言ったという、宋玉「高唐賦」などにみえる故事から》男女の堅い契り。→巫山(ふざん)の雲雨

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちょううんぼう【朝雲暮雨】

〔中国、楚の懐王が夢の中で巫山ふざんの神女と契ったという故事をうたった宋玉の「高唐賦」による〕
男女の契り。巫山の雲雨。雲雨。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ちょううん‐ぼう テウウン‥【朝雲暮雨】

〘名〙
① 朝の雲と夕方の雨。
※俳諧・芭蕉翁反古文(花屋日記)(1810)上「日日朝雲暮雨の間もおかず、山水野鳥のこゑもすてたまはず」
② (中国、楚の懐王が高唐に遊び、夢で神女と契ったことをうたった宋玉の「高唐賦」の「妾在巫山之陽、高丘之岨、旦為朝雲、暮為行雨、朝朝暮暮陽台之下」から) 男女の堅い契り。
※江戸繁昌記(1832‐36)五「朝雲暮雨、楚夢幾番、一日の商買、算数し遑あらず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android