巫山の雲雨(読み)フザンノウンウ

  • =雲(くも)・=雨(あめ)
  • ×巫山の雲雨
  • の=雲雨(うんう)
  • ふざん
  • 巫山

精選版 日本国語大辞典の解説

(「宋玉‐高唐賦」にある楚の懐王の故事「昔者先王嘗游高唐、怠而昼寝、夢見一婦人、曰、妾巫山之女也、為高唐之客、聞君游高唐、願薦枕席、王因幸之。去而辞曰、妾在巫山之陽、高丘之岨、旦為朝雲、暮為行雨、朝朝暮暮、陽台之下」から) 男女が夢の中で結ばれること。男女が相会して、情交のこまやかなこと。巫山の夢。また、巫山の神仙女のこと。巫山雲雨。
※太平記(14C後)四「巫(フ)山の雲雨御夢に入時も、誠に暁ごとの御勤、北辰の御拝も怠らず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android