コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巫山の雲雨 フザンノウンウ

デジタル大辞泉の解説

ふざん‐の‐うんう【×巫山の雲雨】

《宋玉の「高唐賦」の、楚の懐王が昼寝の夢の中で巫山の神女と契ったという故事から》男女が夢の中で結ばれること。また、男女が情を交わすこと。巫山の雲。巫山の雨。巫山の夢。朝雲暮雨

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふざんのうんう【巫山の雲雨】

〔宋玉「高唐賦」〕
朝雲暮雨ちよううんぼう」に同じ。 「 -御夢に入る時も、誠に暁ごとの御勤め/太平記 4

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

巫山の雲雨の関連キーワード御勤め

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android