巫山の雲雨(読み)ふざんのうんう

精選版 日本国語大辞典「巫山の雲雨」の解説

ふざん【巫山】 の=雲雨(うんう)[=雲(くも)・=雨(あめ)

(「宋玉‐高唐賦」にある楚の懐王の故事「昔者先王嘗游高唐、怠而昼寝、夢見一婦人、曰、妾巫山之女也、為高唐之客、聞君游高唐、願薦枕席、王因幸之。去而辞曰、妾在巫山之陽、高丘之岨、旦為、暮為行雨、朝朝暮暮、陽台之下」から) 男女が夢の中で結ばれること。男女が相会して、交のこまやかなこと。巫山の夢。また、巫山の神仙女のこと。巫山雲雨。
※太平記(14C後)四「巫(フ)山の雲雨御夢に入時も、誠に暁ごとの御勤、北辰の御拝も怠らず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「巫山の雲雨」の解説

ふざん‐の‐うんう【×巫山の雲雨】

宋玉の「高唐賦」の、の懐王が昼寝の夢の中で巫山の神女と契ったという故事から》男女が夢の中で結ばれること。また、男女が情を交わすこと。巫山の雲。巫山の雨。巫山の夢。朝雲暮雨

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猛暑日

日最高気温が 35℃以上の日。気象庁では 2007年4月から定義し使用を始めた。おもな都市の平年値(1981~2010)は,稚内 0日,札幌 0日,仙台 1日,新潟 3日,東京 3日,名古屋 12日,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android