朝雲(読み)あさぐも

精選版 日本国語大辞典「朝雲」の解説

あさ‐ぐも【朝雲】

〘名〙 朝の。朝、空にたなびく雲。
※万葉(8C後)三・三二四「旦雲(あさくも)に 鶴(たづ)は乱れ 夕霧に かはづはさわく」

ちょう‐うん テウ‥【朝雲】

〘名〙 朝の雲。
※懐風藻(751)従駕吉野宮〈大伴王〉「朝雲指南北、夕霧正西東

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「朝雲」の解説

【朝雲】ちよう(てう)うん

朝の雲。楚・宋玉唐の〕昔(むかし)、先王嘗(かつ)て高び、~に一人を見る。~去るとき辭して曰く、巫山(みなみ)、高丘のに在り。旦(あした)には雲と爲り、には行雨と爲る。

字通「朝」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

クアッド

《「クワッド」とも》多く複合語の形で用い、四つの、四倍の、などの意を表す。「クアッドプレー」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android