朝露の(読み)アサツユノ

デジタル大辞泉の解説

あさつゆ‐の【朝露の】

[枕]
朝露の消えやすく、はかない意から「消(け)」「いのち」「わが身」にかかる。
「―消やすき我(あ)が身」〈・八八五〉
「―いのちは生けり恋は繁けど」〈・三〇四〇〉
露がおく意から「おく」にかかる。
「―置きてし行けばけぬべき物を」〈古今離別

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あさつゆの【朝露の】

( 枕詞 )
朝露の消えやすいことから「消」にかかり、はかないことから「命」「あが身」にかかる。 「 -命は生けり/万葉集 3040」 「 -我が身一つは君がまにまに/万葉集 2691
「朝露をおく」ということから、同音の「置く」にかかる。 「 -置きてし行けば消ぬべきものを/古今 離別

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あさつゆ‐の【朝露の】

① 朝おりている露がすぐえてしまうところから「け(消)」「きゆ(消)」にかかり、消えやすくはかない意をこめて「わが身」「命」にかかる。
※万葉(8C後)九・一八〇四「箸向ふ 弟(おと)の命(みこと)は 朝露乃(あさつゆノ) 消やすき命(いのち) 神のむた 争ひかねて」
※続古今(1265)雑下・一七八九「何事に思ひ消ゆらむ朝露の憂き我身だにあればある世に〈藤原基俊〉」
② 朝露が置くの意で、「置く」と同音の「起く」「晩稲(おくて)」にかかり、のちには、「丘(をか)」などにもかかる。
※古今(905‐914)恋三・六四一「ほととぎす夢かうつつかあさつゆのおきて別れし暁の声〈よみ人しらず〉」
※続千載(1320)秋上・三五七「朝露のをかの萱原(かやはら)山風に乱れて物は秋ぞ悲しき〈後鳥羽院〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

朝露のの関連情報