コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝露 アサツユ

デジタル大辞泉の解説

あさ‐つゆ【朝露】

朝、降りているえやすいので、古くは、はかないもの、命などにたとえた。 秋》「―や膝より下の小松原/几董

ちょう‐ろ〔テウ‐〕【朝露】

朝方におりた露。あさつゆ。また、人生などのはかないことを、消えやすい朝の露にたとえていう語。「人生は朝露の如(ごと)し」「電光朝露

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あさつゆ【朝露】

朝早く草葉などにおりた露。 ↔ 夜露 [季] 秋。

ちょうろ【朝露】

あさつゆ。
はかないもののたとえ。 「人生-のごとし」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

朝露の関連キーワード徵・懲・丁・兆・凋・嘲・寵・帳・庁・廳・弔・張・彫・徴・懲・挑・暢・朝・潮・澄・牒・町・眺・聴・聽・肇・脹・腸・調・諜・貼・超・跳・重・釣・銚・長・頂・鳥人生朝露の如し外国の天気俚諺咲き荒ぶ笹分け衣なよなよメムノンチョロギ自然居士きらっと玉垂れのきらきら電光朝露白駒過隙しののに夕立つ玉の露松の露消易し妹が袖

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

朝露の関連情報