晩稲(読み)オシネ

デジタル大辞泉の解説

おしね【稲】

《「おそいね」の音変化という》の、遅く成熟するもの。おくて
「うき身には山田の―おしこめて世をひたすらに恨みわびぬる」〈新古今・雑下〉

ばん‐とう〔‐タウ〕【晩稲】

遅く実る稲。おくて。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おしね【晩稲】

〔「おそいね」の転か〕
おそく実る稲。おくて。 「 -守る遠山もとの草の庵/新撰菟玖波

ばんとう【晩稲】

遅くみのる稲。おくて。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の晩稲の言及

【早田】より

…また《名語記》によれば〈早田をわせとなつく〉とある。奈良時代には,すでに熟期によって早稲と晩稲(おくて)の区別があり,《万葉集》には〈早田〉〈早稲〉の語が見えている。平安時代になると,さらに中間の〈なかて(中稲)〉が現れた。…

【早米】より

…〈そうまい〉とも読む。古代律令制でも早・晩の区別があったが,中世成立期になると,〈なかて(中稲)〉が現れ,早稲・中稲・晩稲(おくて)の区別が成立する。早稲の収穫期は,陽暦で8月中旬~9月中旬,中稲は10月上旬~中旬,晩稲は11月上旬~中旬ごろとみられる。…

【南部川[村]】より

…農林業が中心で,とくに南部川沿いの段丘にある南部梅林での梅の生産は,南部町とともに全国一といわれる。江戸末期には埴田(はねた)(南部町)が第1の産地として知られたが,やがて当地の晩稲(おしね),谷口,熊岡(くまか)などが中心となった。約30万本が栽培されており,青梅,また梅干しとして出荷されるほか,開花期には観梅の人々でにぎわい,晩稲の香雲丘(こううんきゆう)からの眺めは〈一目千本〉といわれる。…

※「晩稲」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

晩稲の関連情報