朝鮮栄螺(読み)チョウセンサザエ

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

朝鮮栄螺 (チョウセンサザエ)

学名:Marmarostoma argyrostoma
動物。リュウテンサザエ科の巻き貝

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ちょうせん‐さざえ テウセン‥【朝鮮栄螺】

〘名〙 リュウテンサザエ科の巻き貝。奄美諸島以南のサンゴ礁域の潮間帯の岩礁にすむ。「朝鮮」の名があるが、朝鮮半島には生息しない。殻高約八センチメートルに達し、殻は厚く球卵状。殻表は褐色で黄緑・黄褐斑があり、殻口は丸く銀白色で真珠光沢がある。貝細工やボタンとし、肉は食用となる。玉貝。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android