コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朧染(め) オボロゾメ

デジタル大辞泉の解説

おぼろ‐ぞめ【×朧染(め)】

染め色の名。着物の裾を薄く、上のほうへだんだん濃くぼかして染めたもの。江戸前期、寛文(1661~1673)のころ、京都の紺屋新右衛門が始めたという。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

朧染(め)の関連キーワード曙染

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android