コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木ねじ もくねじwood screw

翻訳|wood screw

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

木ねじ
もくねじ
wood screw

木材にねじこむのに適した先端形状とねじ山をもった小ねじ。頭部の溝によってすりわりつきと十字穴つきに,頭部の形状からそれぞれ丸,皿,丸皿に分けられる。材料には鋼,ステンレス鋼,黄銅を使用し,製品の呼び方も JISで決っている。木ねじ類は,相手木材にあけられた下穴 (きり穴) にねじこまれるため,下穴が小さければ頭部やねじ部が破損し,大きすぎればねじこみ後の保持力が低下する。一般に,下穴径を木ねじの外径の 0.7~0.75程度にする。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

木ねじ【もくねじ】

木材の締結または木材への金物取付けなどに用いるねじ。先端のねじ部が円錐形で比較的ピッチあらい。頭部の形状により,丸・皿・丸皿木ねじなどの種類があり,頭に直線のすり割りまたは十字穴がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

木ねじの関連キーワードサンコーインダストリーカットアウトスイッチ捩じ込む・捻じ込むプラスねじねじ回しスミス座刳り丁番

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android