コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木の葉猿 コノハザル

デジタル大辞泉の解説

このは‐ざる【木の葉猿】

普通より体が軽くて小さい猿。また、樹上で身軽に飛び回る猿、木の葉の間に見え隠れする猿の意とする説もある。
「三笠の山に住まひする―をも誘ふなる」〈謡・嵐山
木の葉の落ちるのを、猿が身軽に飛ぶさまにたとえていう。
「風ふけば空に群るや―/易利」〈玉海集〉
郷土玩具の一。熊本県玉名郡玉東町木葉で作る素焼き

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

このはざる【木の葉猿】

小さな猿。身軽に飛びまわって、樹間に見え隠れする小猿。 「御迎ひに馬、乗物、-共をおびたたしく遣はし給ふ/御伽草子・のせ猿」
熊本県玉東町木葉で作る郷土玩具。土製の猿に彩色したもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

木の葉猿
このはざる

土製の手ひねりの郷土玩具(がんぐ)。熊本県玉東(ぎょくとう)町木葉(このは)でつくられる。瓦(かわら)焼き、濃い栗(くり)色の猿の肌に白斑(はくはん)を散らし、群青(ぐんじょう)と赤で彩色したもの。原始型猿、子抱き猿、団子(だんご)猿、馬乗り猿、三匹猿など、猿の姿態に取材した各種がある。発生縁起は郷土玩具のなかでもっとも古く、8世紀前半の養老(ようろう)年間(717~724)に、春日(かすが)明神遷座伝説の猿から考えられたという。悪病災難・盗難除(よ)け、さらに子授け、子育てに効があると伝えられる。もとは素焼、無彩色であったが、のちに白赤群青の斑点模様の描彩に変わった。大きな陽物を抱いた猿などに特徴がある。[斎藤良輔]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

木の葉猿の関連キーワード玉東(町)御伽草子木の葉樹上木葉土製樹間小猿乗物

木の葉猿の関連情報