コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

子授け こさずけ

世界大百科事典 第2版の解説

こさずけ【子授け】

子のない者,子の欲しい者が神仏に妊娠祈願をする風は現在もひろく行われ,種々の俗信呪法がある。子授けの神としては,土地により異なるが,子安神子安観音子安地蔵淡島(あわしま)様(淡島信仰),塩釜様,関東地方に多い産泰様などが信仰されている。子どものある人と一緒にまいると子が授かるといい,授かったらお礼参りにいく。子どもがなかなかできない時には,他から子どもをもらって育てていると,やがて妊娠して実子が生まれるという地方も多い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

子授けの関連キーワード和歌山県東牟婁郡古座川町三尾川道教/道教の神々山中諏訪神社吉野水分神社定義[温泉]桜井(市)生殖器崇拝石(いし)碧霞元君びじゅる木の葉猿野崎観音イチョウ田螺長者子宝の湯雑司ヶ谷蕪嶋神社玉前神社淡島神社聖林寺

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

子授けの関連情報