コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木割り きわり

1件 の用語解説(木割りの意味・用語解説を検索)

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

きわり【木割り】

日本の伝統的な木造建築で用いられる、寸法を決定するシステム。柱の太さや柱間の距離を基準として、比例関係によってそれぞれの部材の寸法を割り出す。◇奈良時代から使われたと伝えられるが、その後、大工棟梁(とうりょう)の家では秘伝書が作られ、なかでも江戸時代初期に完成した平内(へいのうち)家の『匠明(しょうめい)』が知られる。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

木割りの関連キーワード戎克造作床束木組ハフパト修道院真壁造り洋小屋木造軸組工法(在来工法)伝統木造構法キジ島の木造教会

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone