コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木割り きわり

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

きわり【木割り】

日本の伝統的な木造建築で用いられる、寸法を決定するシステム。の太さや柱間の距離を基準として、比例関係によってそれぞれの部材の寸法をり出す。◇奈良時代から使われたと伝えられるが、その後、大工棟梁(とうりょう)の家では秘伝書が作られ、なかでも江戸時代初期に完成した平内(へいのうち)家の『匠明(しょうめい)』が知られる。

出典 講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について 情報

木割りの関連キーワードバスク人

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android