コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木割り きわり

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

きわり【木割り】

日本の伝統的な木造建築で用いられる、寸法を決定するシステム。の太さや柱間の距離を基準として、比例関係によってそれぞれの部材の寸法をり出す。◇奈良時代から使われたと伝えられるが、その後、大工棟梁(とうりょう)の家では秘伝書が作られ、なかでも江戸時代初期に完成した平内(へいのうち)家の『匠明(しょうめい)』が知られる。

出典|講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について | 情報

木割りの関連キーワードバスク人

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

木割りの関連情報