コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木寄法 きよせほう

百科事典マイペディアの解説

木寄法【きよせほう】

寄木造(よせぎづくり)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

木寄法
きよせほう

寄木(よせぎ)法ともいう。一木造(いちぼくづくり)の仏像をつくるためには、その像より一回りも二回りも大きな材が必要である。またこうした大きな材を彫刻すること自体たいへんな重労働で、仏像の重量も大きくなるなど多くの困難な点があるので、日本でも11世紀ごろから寄木造の法が考案された。木寄法とは、この寄木造の像をつくる場合、どこに矧(は)ぎ目を入れ、どこを寄木するかといった方法であり、11世紀に活躍した名工定朝(じょうちょう)がその簡便で有効な法則を編み出したといわれる。それ以後も各種の法則が考案されたが、いずれもこの定朝式を基本としている。[佐藤昭夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

118番の日

1月18日。海上保安庁への緊急通報用電話番号である「118」の啓発活動を行い、海の安全確保に努める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android