コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一木造 いちぼくづくり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

一木造
いちぼくづくり

木彫技法の一つで,1本の木材から像を丸彫した継ぎ目のないもの。ただし,頭部と胴部が一木から成り,腕,膝などを別木で造ったものも含まれる。また干割れを防ぐため背部をえぐりとった (背刳) ものもある。日本の仏像彫刻では,飛鳥時代から平安時代初期の木彫大部分は一木造で,京都,神護寺の『薬師如来像』,奈良,法華寺の『十一面観音像』はその作例

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

いちぼく‐づくり【一木造(り)】

木彫り、特に木彫仏の造像技法の一。本体である頭部と胴体を1本の木から彫りだすもの。また、その像。→寄せ木造り

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

一木造【いちぼくづくり】

仏像などを木で造る場合,像の頭部と胴体部とを一木から彫り出す手法。像のすべてを台座まで含めて一材から彫り出すこともあるが,立像(りゅうぞう)ならば両腕など,座像ならば両腕と両足部を別材で造っていても,一木造に含められる。
→関連項目内刳

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いちぼくづくり【一木造】

像の主要部分を一つの材から作る木彫像の技法およびその構造をいう。像の主要部分を複数の材を寄せて作る寄木造に対応する語で,おもに日本の木彫仏に用いられる。仏像の場合,像の頭から胴部までを同じ一材から作っていれば,両腕・体側部・背部,座像の場合の両脚等を別の材を矧(は)いで作っていても一木造という。11世紀に寄木造の技法が完成するまで,日本の木彫の大部分は一木造である。その際,像の干割れを防ぐため内刳(うちぐり)をすることがあるが,これをさらに効果的にするため製作途中で像を前後に割り放し,大きく内刳をしてそれを再び矧ぎ付ける技法を割矧造(わりはぎづくり)という。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

一木造
いちぼくづくり

木彫、とくに仏像彫刻の技法を示す語で、像の主要部分を1本の木から刻み出したもの。ただし、一材から像の全体を刻み出すのは、檀像(だんぞう)のような特殊なものや小像を除いてはほとんどなく、像の中心となる頭部、胴部以外の突出部、立像では腕、座像なら腕や膝(ひざ)などは別材でも一木造という。また後頭部、背部から内刳(うちぐり)(内部を刳(く)って空洞にする)をして、これに蓋板(ふたいた)を当てるが、これが背面全体を形成する場合もある。一木造という概念は、11世紀なかば以後流行するようになった寄木造(よせぎづくり)に対して、それ以前主として奈良時代末から平安時代中期にかけて行われていた像をさすべきものだが、技法はその後も行われ、さらに発達すると割矧造(わりはぎづくり)(一木式寄木造)になる。一木造の像がしだいに発達して寄木造になったというものではなく、すでに飛鳥(あすか)時代にも中宮寺弥勒半跏像(みろくはんかぞう)のように寄木造的手法を用いたものもあり、その発達過程は別になっている。[佐藤昭夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の一木造の言及

【平安時代美術】より

…ここでは特に3分期としないが,考え方としてはその順序に述べることにする。
[一木彫像の誕生]
 この時代の冒頭を飾るものはいわゆる一木彫像(一木造)のいくつかの名作である。神護寺の本尊薬師如来立像と新薬師寺の本尊薬師如来座像にみる圧倒的な量感の表出と,前者のすさまじいばかりのきびしい表情や後者の大づくりな目鼻だちの明快さ,そして深く鋭い衣文の彫法など,それは前代までの彫像にはみられなかった表現で,新しい様式の誕生を感じさせる。…

※「一木造」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

一木造の関連キーワード薬師寺(奈良市)大安寺(奈良市)弘仁・貞観文化平安時代の美術千代田[町]弘仁貞観文化翻波式衣文新田荘遺跡宝菩提院飛鳥美術獅子窟寺藤原彫刻登呂遺跡百済観音新羅明神新薬師寺広隆寺善水寺法性寺背刳り

一木造の関連情報