コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一回り ヒトマワリ

デジタル大辞泉の解説

ひと‐まわり〔‐まはり〕【一回り】

[名](スル)
物のまわり、またはある範囲を、1回まわること。一周。一巡。「得意先を一回りする」
順番に従って最後の人にまでまわること。一巡。「打順が一回りする」
十二支が1回めぐる年数。12年。「兄と一回り年が違う」
物事の程度、また、人の度量の大きさなどの一段階。「一回り小さい服」「人物が一回り大きい」
7日間。
「湯治せられしに―にて足がひきよいぞ」〈咄・御前男・二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひとまわり【一回り】

( 名 ) スル
一回まわること。一周。一巡。 「池を-する」
全部に一回ゆきわたること。また、順に全部まわること。 「打順が-する」
十二支で、同じ年が再びめぐってくるまでの年数。12年。 「年が-ちがう」
両腕でだきかかえるほどの太さ。ひとかかえ。 「 -ほどある古木」
物の大きさや人の度量・才能の程度などを比較したときの、一段階。 「 -大きなサイズの服」 「人間が-大きくなった」
〔七日が湯治の一区切りだったことから〕 七日間。 「草津の温泉に-遊び/滑稽本・膝栗毛 8

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

一回りの関連キーワードイストリアン・ラフコーテッド・ハウンドウェルシュ・コーギー・カーディガンペーロンとドラゴンボートmon savon.本卦還り・本卦帰りビッチュウヤマハギヨーロッパバイソンクラウジウスの定理キャリパー形土器磁気ヒステリシスコンパクトカーA3・A3ノビボクサー[種]P責め歌・責歌ホルスタインKindle牽牛子塚古墳スクレーパー因果は皿の縁

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一回りの関連情報