コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木戸満範 きど みつのり

2件 の用語解説(木戸満範の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木戸満範 きど-みつのり

?-1416 室町時代の武将。
鎌倉公方(くぼう)足利持氏(もちうじ)の側近。応永23年持氏邸が上杉氏憲(うじのり)の夜襲をうけた際(上杉禅秀の乱),持氏の脱出をたすける。小田原で持氏と別れ別れになり,行方を追って伊豆(いず)国清(こくせい)寺(静岡県)にいたるが,氏憲に味方する狩野介らにおそわれ,同年10月10日討ち死にした。通称は将監(しょうげん)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

木戸満範

生年:生没年不詳
室町時代の武将。木戸氏は清和源氏新田氏の流れ。鎌倉公方足利持氏の重臣。『鎌倉大草紙』の記すところによると,応永23(1416)年上杉禅秀が持氏に対して反乱を起こした際,「持氏はおりふし御沈酔これあり,御寝なりけるに,木戸将監満範御座近くに参り驚かしたてまつる」と,禅秀の反乱を告げて,持氏を御所から逃している。木戸氏は南北朝時代から鎌倉府に仕えていたらしく,『太平記』巻39にも木戸兵庫助なるものが鎌倉方として活躍していることがみえる。

(伊藤喜良)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

木戸満範の関連キーワード清和源氏源氏の氏神後裔斯波細川多田行綱世良田政義新田貞方新田義兼源国基

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone