コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木村半兵衛(3代) きむら はんべえ

1件 の用語解説(木村半兵衛(3代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木村半兵衛(3代) きむら-はんべえ

1833-1886 幕末-明治時代の実業家。
天保(てんぽう)4年生まれ。下野(しもつけ)(栃木県)足利郡小俣(おまた)村の木村家をつぎ,足利織物買継商「木半」を繁盛させる。明治にはいり小俣学校の開設,備蓄用米穀倉の設置,第四十一国立銀行の設立などにつくした。明治19年3月21日死去。54歳。武蔵(むさし)本庄(埼玉県)出身。本姓は内田。号は槐陰(かいいん)。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

木村半兵衛(3代)の関連キーワードナンバースクール岩石区島津重豪都築弥厚イサベル[2世]しし座流星群カルリスタ戦争工場法天保の飢饉矢島楫子

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone