コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木村善道 きむら よしみち

1件 の用語解説(木村善道の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木村善道 きむら-よしみち

1811-1865 幕末の尊攘(そんじょう)運動家。
文化8年生まれ。常陸(ひたち)水戸藩郷士。元治(げんじ)元年天狗(てんぐ)党の挙兵にくわわり那珂湊(なかみなと)で水戸の城兵,幕府軍などとたたかうが,水戸藩執政榊原(さかきばら)新左衛門にしたがって千余人とともに投降。元治2年4月3日上総(かずさ)(千葉県)佐貫(さぬき)で処刑された。55歳。通称は三穂介(みほのすけ)。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

木村善道の関連キーワードアメリカ美術坂東彦三郎(3代)古史伝エレキテル朝鮮通信使日本幽囚記傾城(歌舞伎舞踊)藩学一覧伊藤惣兵衛ウィンチェスター

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone