コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木村大作 きむら だいさく

1件 の用語解説(木村大作の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木村大作 きむら-だいさく

1939- 昭和後期-平成時代の映画撮影監督。
昭和14年7月13日生まれ。昭和33年東宝撮影部に入社し,斎藤孝雄(黒沢明組),村井博(岡本喜八組)にカメラ助手として師事。48年「野獣狩り」(須川栄三監督)で撮影監督デビュー。「復活の日」「駅 STATION」「海峡」「夜叉」「火宅の人」「夜汽車」などで日本アカデミー賞優秀撮影賞を受賞。平成22年,初監督作品の「劔岳 点の記」で日本アカデミー賞最優秀監督賞・最優秀撮影賞,キネマ旬報ベスト・テン日本映画監督賞などを受賞。東京都出身。蔵前工高卒。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

木村大作の関連キーワード恐怖映画日活(株)緑簾石角閃岩相DA40電気事業源氏物語アップルトンイシャウッド九州大学ソ・フィン戦争

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

木村大作の関連情報