火宅(読み)かたく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

火宅
かたく

仏教用語。人々が,実際はこの世が苦しみの世界であるのに,それを悟らないで享楽にふけっていることを,焼けつつある家屋 (火) の中で,子供が喜び戯れているのにたとえた言葉。『法華経』の七喩の一つ。 (→法華七喩 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

か‐たく〔クワ‐〕【火宅】

仏語。煩悩(ぼんのう)や苦しみに満ちたこの世を、火炎に包まれた家にたとえた語。法華経の譬喩品(ひゆぼん)に説く。現世娑婆(しゃば)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かたく【火宅】

〘仏〙 〔法華経 譬喩品〕 三界に平安のないことを火事にあった家にたとえた語。苦に満ちた世界としてのこの世。現世。娑婆しやば

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

火宅
かたく

煩悩(ぼんのう)や苦しみに悩まされて安らかにできないことを、火災にあった家屋に例えたもの。『法華経(ほけきょう)』「譬喩品(ひゆぼん)」に基づく。法華七喩(ほっけしちゆ)の一つ。教理的には「火宅三車の喩(たとえ)」ともいう。この世で苦しんでいても、苦しんでいることすら知らない人々を、焼けている家屋の中で迫りくる危難を知らないで戯れ遊んでいる子供に例えたところから出たもの。また、子供に羊、鹿(しか)、牛の三車を与えるといって火宅から逃れさせ、それぞれに大白牛車(だいびゃくごしゃ)を与えたとあり、三車を三乗(さんじょう)の教えに例える。[石上善應]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

火宅の関連情報